映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

ペット

ペット

イルミネーション制作の6作目。Blu-rayには短編の「ミニオンズ:アルバイト大作戦」(2016)が特典で収録されてるよ。
日本語吹き替えに、バナナマンの設楽統や日村勇紀が参加してるよ。しかも主演で!イルミネーションは本気の声優に頼まなくてよかったのかな〜。

シリーズの新作「ペット2」(2019)が7月26日に公開だよ〜。たのしみだね〜:)

share

ペットの基本情報

監督
クリス・ルノー、ヤーロウ・チェイニー
キャスト
ペットのネタバレを含む場合があります

以下、「ペット」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
ペット」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

ペットのあらすじ・ストーリー

ニューヨークで暮らすケイティとペットのマックスは、幸せに生活していた。ある日、犬好きケイティは保健所から新しく大型犬のデュークを連れて帰ってきた。

2匹の立場争いがはじまり、デュークがマックスの寝床を取ったかと思えば、部屋をめちゃくちゃにしてデュークのせいにしようとするマックス。立場争いは、追い出されたくないデュークが折れて、マックスが優位に立ったところで、ペットシッターに連れられ近所の犬たちといっしょにお散歩へ出かけた。

ペットシッターやほかの犬の目を盗んで、デュークはマックスを連れ去り、置いてこようとするが、いじわるなノラ猫たちに首輪を奪われてしまったところで、保健所に見つかり捕まってしまう。

一方で、マックスたちがいないことに気づいた近所のペット仲間ギジェツトは、大好きなマックスを探すため、みんなを連れて家を飛び出した。



保健所のトラックに捕まったマックスとデューク。先に捕まっていた犬を助けるために"元ペット集団"のスノーボールたちが、保健所のトラックを襲撃したついでに解放されていた。ウィンナー工場に立ち寄って腹ごしらえ、そこでマックスは、デュークが昔ひとに飼われていて、あるとき迷子になり保健所に捕まってケイティに助けてもらった事実を知る。かつて暮らしていたところへ行ってみようとマックスはデュークに提案し向かってみるが、デュークの飼い主だったおじいさんは亡くなり、べつのひとが暮らしていた。

するとまた保健所に見つかり、デュークだけが連れ去られてしまった。マックスは保健所のトラックの後を追っていった。またそこでスノーボールに遭遇するが、元ペット集団も捕らえられてしまったため、マックスとスノーボールは手を組むことに。バスをハイジャックしてトラックに突っ込むマックスとスノーボール。トラックはブルックリン橋から転落しそうに。そこへギジェツトたちも合流した。

マックスとデュークを残して、ほかの動物たちは逃げることができ、トラックは川へ落下。マックスはデュークが入った檻の鍵を見つけてくわえたが、衝撃で紛失、トラックは川に沈んで完全ピンチ。というところで、スノーボールが川へ飛び込み、檻の鍵を見つけて間一髪のところでデュークを救出することができた。

無事に、それぞれ我が家へ帰っていくペットたち。ケイティの帰宅をマックスとデューク仲良く揃って出迎えた。飼い主のいないスノーボールは、小さな女の子に見つかりペットになることに。それぞれ、また今日もご主人の帰宅を喜び、しあわせな時間を過ごしている。

ペットの感想・評価・レビュー

怪盗グルーの月泥棒」 (2010)、「怪盗グルーのミニオン危機一髪」(2013)、「ミニオンズ」(2015)をみて、イルミネーションのアニメーションはぜったいたのしいってわかっていたけど、「ペット」(2016)も最高にたのしいね!

かわいい〜!抱きしめたい〜!なキャラクターたちとドタバタコメディのなかに、無責任な飼い主たちや社会へのメッセージを込めている。ペットも家族、動物もこうやって感情があって、捨てられた元ペット集団の子たちみたいに、根っこに捨てられたことへの悲しさをずっと消せずに生きている。コミカルに描いているから、グサッとハートに刺さってくることはないけど、捨てられる命はなくなってほしいもんな。

 

テンポがよくて軽快、87分という手軽な映画。愛くるしい動物たちをみて、ハートがあったかくなって映画をみ終えるのは当然だよね〜。

「トイ・ストーリー」(1995)のペット版とも言われているらしく、たしかにお留守番中のおもちゃとペットの違い的な見方ができる。でも、命ある本当の動物であるペットになると気持ちの入りようがかなり変わってくるぜ!

ペットの予告動画・関連動画
share

tag

Years
Director
Actors
Film Award
Country
Animation
Other
Motion Picture Code

popular tag

1971年 1977年 1979年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 DC F・ゲイリー・グレイ監督 PG12 R15+ R18+ X-MEN アカデミー賞ノミネート アカデミー賞受賞 アマンダ・サイフリッド アメリカ アンジェリーナ・ジョリー イギリス イタリア イルミネーション オリジナルビデオ カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞 クェンティン・タランティーノ監督 クリストファー・ノーラン監督 クリント・イーストウッド監督 ケイト・ブランシェット ケヴィン・ベーコン コーエン兄弟監督 サンドラ・ブロック シャーリーズ・セロン ショーン・コネリー シリーズ シルヴェスター・スタローン ジャック・ブラック スタジオポノック スティーブン・キング原作 スティーヴン・スピルバーグ監督 スティーヴ・ブシェミ ディズニー&ピクサー ディズニー(アニメ) デヴィッド・リーチ監督 トム・クルーズ ドラえもん ベン・アフレック監督 マシュー・マコノヒー マシュー・ヴォーン監督 マーク・ウォールバーグ マーゴット・ロビー マーティン・スコセッシ監督 マーベル・シネマティック・ユニバース ライアン・ゴズリング ラジー賞ノミネート ラジー賞受賞 リブート リメイク レオナルド・ディカプリオ ロバート・デ・ニーロ 伝記 劇場未公開 実話 日本 日本アカデミー賞ノミネート 日本アカデミー賞受賞 韓国