映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

女殺油地獄(1992)
原題:女殺油地獄

女殺油地獄(1992)

タイトルの読み方は、"おんなごろしあぶらじごく"そのまんま〜。

第16回日本アカデミー賞助演女優賞を藤谷美和子が受賞、ほかいくつノミネートしてる。

女殺油地獄」(1992)も映倫の審査がないけども、子どもはみたらいけないよ。教養と道徳を得てからみよう。

WOWOWの特集:五社英雄が描く修羅と官能で4作品流れるふたつめだよ。ひとつめは「吉原炎上」(1987)、ふたつめは「肉体の門(1988)」、みっつめは「陽炎」(1991)。

女殺油地獄(1992)の映画情報

  • 1992年制作
  • 115分
  • 日本制作の時代劇映画
  • 映倫(-)
監督
五社英雄
キャスト
樋口可南子
藤谷美和子
堤真一
井川比佐志
岸部一徳
長門裕之
石橋蓮司
辰巳琢郎
佐々木すみ江
山口弘美
奈月ひろ子
うじきつよし
絵沢萠子
清水ひとみ
女殺油地獄(1992)のネタバレを含む場合があります

以下、「女殺油地獄(1992)」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
女殺油地獄(1992)」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

女殺油地獄(1992)のあらすじ・ストーリー

油屋である豊島屋のお吉は、のれん分けをしてもらった河内屋の次男、与兵衛を子どもの頃から面倒みていた。
その与兵衛を20を過ぎたが、自由気ままな暮らしをしていた。
あるときお吉は、与兵衛が油屋の元締め小倉屋のひとり娘の小菊と親しくしていたことを知り仲裁に入るも、与兵衛は一向に小菊のことが本気だと貫き、心中まですると言いだした…

女殺油地獄(1992)の感想・評価・レビュー

舞台は江戸時代。いわゆる時代劇をみることになるとは。すきもきらいもないくらい、なんにも知らないカテゴリーだから2時間みていられるか不安だったけどもみおえることができた。ワーイ

時代劇とは言えど、登場する役者たちはよくみる顔ぶれだし、先日の「陽炎」(1991)もあって古さを感じていなかったのかな。江戸時代だから古いに決まってるんだけど。
だけどなぜか、「陽炎」(1991)よりも話していることばたちがわかった。それでも片手にiPhoneだったけど、極道たちの荒々しい言葉づかいがなかったからかもね。

なんとなくつかんでいったストーリー、展開には”は?”とさせられることがしばしば。
御法度と思っていたことが、最初はフルボッコだったけども次第にお咎めなしになっていったり、最初からなのか途中からなのか、実は小菊が気に入らないからなのか、お吉が与兵衛に迫る。
ババアと呼び、息子のように思っていた間柄で男女の関係になるのは、いい大人になれば世の中になくはないことかもしれないけど、やっぱりちょっと気持ちがわるいものだ。

誰もが思いそうだけど、特に気持ちわるいのは、息子のように思っていた与兵衛の尻拭いをするために首を突っ込み、アバズレ女にバカにされ、お節介をいろいろとがんばっていて、もっとも近い存在だったはずのおばちゃんが実は恋愛感情でしたみたいなところだ。

アバズレ女かと思っていた小菊を上回るアバズレぶりで、ピュアで素直に女を好きになってしまう与兵衛の性格をわかっていながらやるのだからすごいよ、お吉。
いくつくらいの設定かがわからないけど、藤谷美和子の小菊とけっこうな差がありそうだったから余計に不気味だ!

いくつになっても女はどスケベで、自分の都合だけを考え生きている。
男のためと思いきや、すべて自分の得と利と快楽のためだったなんてのは、大昔からずっとそうなんだろうな。
単細胞な男は、チラッとみせられた親切にも下心にも、一直線に反応してしまう。下半身と共に。
そんな弱々な男がかわいそうすぎて、あたしにはそんなことできないけどな。

一見いわゆる、いい女ぽい気もするけど、逆にいい女にはなれない女がやっていそうなことだ。
いい女は傷つけることもしないし、自分が傷つくようなドジはしない。
殺されることなんて間違いなく無いように、自然と手はずを踏む気がする。

アバズレ女ふたりと単細胞男ひとりの、バカな話だ。

女殺油地獄(1992)の予告動画・関連動画

役者について思うこと

藤谷美和子

女殺油地獄(1992)
https://www.happyon.jp/onna-goroshi-abura-no-jigoku

与兵衛の恋人、小菊を演じた藤谷美和子。
1963年生まれ、意外にも当時28〜29くらいみたい。もっとだいぶ若くみえる。かわいかったな〜。着物姿がかわいさを増してたね。

SHARE