映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

失楽園

失楽園

当時、失楽園は話題になってたね。不倫の代名詞になっていて、大人はみんな失楽園しているんだとおもってたし。
黒木瞳は日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。あたしが黒木瞳を知ったのも失楽園だったな。

失楽園の映画情報

  • 1997年制作
  • 117分
  • 日本制作のロマンス映画
  • 映倫(R15+)
監督
森田芳光
キャスト
役所広司
黒木瞳
寺尾聰
柴俊夫
中村敦夫
失楽園のネタバレを含む場合があります

以下、「失楽園」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
失楽園」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

失楽園のあらすじ・ストーリー

あるとき、カルチャースクールの書道講師である凛子(黒木瞳)と出会った久木(役所広司)。
ふたりは恋に落ち、互いに家庭がある身だが食事や旅行を重ね、不倫関係になっていた。
やがて、ふたりの関係はさらに燃え上がり、片時も離れられない気持ちになってしまったが…。

失楽園の感想・評価・レビュー

公開されたあと、数年経って学生のころにすこしみた記憶があるけど、なにをおもったか途中でリタイアしてた。1997年てことは、12歳か。刺激がちょっと強いね。

今でこそ、不倫はいけないこととされてるけど、昔はだれもが不倫していたでしょ?あたしの記憶だと不倫はわるいことだけど、しかたないよねってゆーものだった。もちろん、めちゃくちゃになった家庭は多いだろうけど、夫の不倫を黙認せざるをえない家庭のほうがはるかに多かっただろう。夫がとても強いさいごの時代でもあったからかな。
だからか知らないけど、失楽園での不倫カップルはとてもタッチが軽い。ふたりの奥深くのハートは煮えたぎっているんだろうけど、友だちや家族に知られても無風…。時代だなーとはおもったけど、その割にはあのラスト。
正直、家族にバレてしまっても焦らずいられる図太さがあるなら、わざわざ死を選ばなくてもどうにでもなっただろうともおもう。

そして、不倫は決まって体。逆を言えば、体の合うひとと夫婦になったふたりは、不倫の可能性が著しく低そうだ。
さすがにあんな凜子の夫のようなひとでは、どんなセックスをしようとも不倫しそうだけどね。

あーやって恋に落ちてるときは、しあわせよね。もうなにも見えないくらい、他がどうなってもいいくらい、きょうがさいごの日でもいいとおもうくらい、我を忘れて愛に浸れる。
あなたといっしょにいればなにも怖くない、あなたといっしょだと強くなれる。昔から歌の歌詞にもよくある、使いふるされた言葉だけどほんとそう。
いつでも、どんな場所でも、とにかくいっしょにいたい、ただこれだけって気持ちはとても理解できる。
ハマったら地獄、よくそう言われているけど、そんな気持ちになるくらいひとを好きになれるのは、あたしにしたらしあわせなことだ。もちろん、愛しているひとに愛されてこそだけども。

時代の違いもあって、全体的にリアリティーに欠けるために、女性として感情移入はむつかしかった。
もっと不倫は危険なもので、人生を狂わせるものであるに決まっているし、お金だってとても必要。
久木と凛子は若干の富裕層なかんじもあったし、なによりも子どもがいる久木が家族のことを一切心配しないあたりはだいぶ不信。凛子に子どもがいたら話にならなかっただろうから、子どものいない夫婦の設定なのはいいとして、久木の方は、子どもが巣立った世代の男は家族なんてどうでもよくなるのか?とおもったけど、おそらく久木がなかなかのポンコツなんだろうと解釈。
ふたりのいいように事は運んで、これからふたりで新しい未来を築くことができそうだったのにも関わらず、死を選ぶところも理解できないしな〜。

これをみた世の中の不倫に溺れ落ちている妻たち、子どもがいないからそれだけ燃えられるのよって思っているだろうな。

永久にこのひとといっしょにいるなら死しかない、たしかにわかるけど、まだまだあたしは生きて彼の愛を感じていたい方を選びたいね。共感できるところ、できないところがなかなかイマイチなんだよな、この映画は。

そして、いくつだとしても子どもは不憫よ。知らない女とくっついて死んだなんて、死ぬまで情けない気持ちを背負っていく羽目になる。

愛は美しくて汚いな。

失楽園の予告動画・関連動画
SHARE