映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

アラフォー女子のベイビー・プラン
原題:The Switch

アラフォー女子のベイビー・プラン

すごい豪華な役者が出演しているのにも関わらず劇場未公開。なぜだろうか?それは映画の中身にあった!

アラフォー女子のベイビー・プランの映画情報

  • 2010年(劇場未公開)制作
  • 102分
  • アメリカ制作のコメディ、ロマンス映画
  • 映倫(-)
監督
ジョシュ・ゴードン、ウィル・スペック
キャスト
ジェニファー・アニストン
ジェイソン・ベイトマン
トーマス・ロビンソン
ジェフ・ゴールドブラム
ジュリエット・ルイス
パトリック・ウィルソン
トッド・ルイーソ
カロリン・ダヴァーナス
スコット・エルロッド
ブライス・ロビンソン
アラフォー女子のベイビー・プランのネタバレを含む場合があります

以下、「アラフォー女子のベイビー・プラン」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
アラフォー女子のベイビー・プラン」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

アラフォー女子のベイビー・プランのあらすじ・ストーリー

ニューヨークで働くキャシー(ジェニファー・アニストン)は、親友のウォーリー(ジェイソン・ベイトマン )の反対を押し切って人工授精で子どもを持つと決める。
あるとき、パーティーで酔っ払ったウォーリーは、事故でドナーの精子をダメにしてしまった。これはまずいと、自分の精子とすり替えた。
7年後、ウォーリーはキャシーが連れた息子のセバスチャンに会い、自分に似ていることに驚き動揺を隠すことができず...。

アラフォー女子のベイビー・プランの感想・評価・レビュー

公開されなかったのは理解できるね〜。予告もみていなかったから、なかなか予想していたものとはちがう内容だったから微妙なリアクションになってしまったのかもしれないけど。
ちなみにあたしの勝手な想像は、妊娠出産するまでのドタバタが主体だとおもっていたよ。ここまでバカな話とはね。

さすがにちょっと、ドナーの精子ダメにしてじぶんのとすり替えるって、犯罪者レベルのバカで、さらにはあってはならないレベル高すぎでゾッとするケースだしで、けっこう笑えなかった。
映画にこんなこと言ってもしょうがないんだけど笑笑笑、ホラーすぎる話だぜ。

現実問題、高齢出産のキーワードは少しずつ社会的に聞くようになったし、もうすこし時代が進んだら本気で笑えない系になって、まさに子どもがほしいキャシーくらいの女性から反感を買いそうな。
まだあたしは20代半ばで、しかも子どもや結婚への意欲はアッサリ塩味だから現時点で共感するのはむつかしい。
それにしても、思っている男とちがう男が父親だっただなんてホラーだけどな。

さらに、キャシーとウォーリーの心理描写もイマイチ軽いような気がして、ロマンスオンリーに対してもおなし女としてピンとこなかったな。

人工授精やアラフォー、友情、テーマはいろいろあったけども、生かしきれていなかった結果かな〜。
もうひとつ、余計かもしれないことを言うと、アラフォーに女子とつけるタイトルが気に入らない。
さいきんは、どんな年代でも男子女子って表現するけど、やっぱりこの単語は高校生くらいまでのことばだとおもう。あたしのような20代半ばはもう女性。つまりアラフォーも女性。
細かいこと言うと、そうおもうよ。

アラフォー女子のベイビー・プランの予告動画・関連動画
アラフォー女子のベイビー・プラン
https://www.imdb.com/title/tt0889573/

役者について思うこと

https://www.imdb.com/title/tt0889573/

アラフォー女子のベイビー・プラン
ジェニファー・アニストン

アラフォー女性のジェニファー・アニストン。フレンズのジェニファー・アニストンもすきだけど、あたしはいまの彼女がいちばんすきだ。
それこそ、唯一アラフォーで女子と言ってもいいかもしれないくらい、最近はみる度に若返っていて、とってもカワイイ。
もっとグッとくる映画に出てほしいけど、こんくらいのコメディから離れられないのかな〜。

SHARE