映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

アメリカン・ヒーロー
原題:American Hero

アメリカン・ヒーロー

安っぽいDVDのジャケットをみるとアメリカンヒーローとは程遠いけど、でも超能力を持った人の話だから、マーベルとかDCのようなヒーローに成長していくまでの話を想像していた。が、それは完全に予想外れ!
斬新な切り口で超能力を持つひとりの男を追うドキュメントだった。(ドキュメンタリー映画タッチなだけ)
不満足な部分はとても多いけど、おもしろい映画だったよ。物足りないだけで、決してつまんない映画ではないと思った。というか、もったいない。

アメリカン・ヒーローの映画情報

  • 2015年制作
  • 86分
  • アメリカ制作のSF、コメディ、ドラマ映画
  • 映倫(PG12)
監督
ニック・ラブ
キャスト
スティーヴン・ドーフ
エディ・グリフィン
ルイス・ダ・シルバ・Jr
ヨハンス・マイルズ
ジョナサン・ビリオンズ
アメリカン・ヒーローのネタバレを含む場合があります

以下、「アメリカン・ヒーロー」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
アメリカン・ヒーロー」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

アメリカン・ヒーローのあらすじ・ストーリー

特殊な能力を持つメルヴィン(スティーヴン・ドーフ)は別れた妻との息子レックスと面会すらできない判決で父親失格の身。
物を自在に動かせる特殊能力を持っているにもかかわらず、酒や大麻や女で日々怠惰な生活を送っていたが…。

アメリカン・ヒーローの感想・評価・レビュー

終始ドキュメンタリータッチだった。時にはメタフィクションも挟んでいて、特殊能力を持つ超人の日々に密着しました的な企画のようなかんじ。
遊び心なのか、超人もふだんはなかなか大変な現実を抱えてんだよってゆう、本気のドキュメンタリータッチにしたかったのかは不明。

物を動かせる能力を持っているのに、それを良いことに使わず、むしろ悪いことに使う始末。この設定は他にもあるだろうけど、ドキュメンタリータッチで、しかも田舎の街で少々披露する程度。
しかも仕事はしないし、子どもにも会えないし、昼間から酒を飲み、ハイになり、運動しても腹の出たハゲ男。
正直、ほんとに怠け者で共感することはおろか、ちょっと嫌いになってしまうレベルで、なかなか嫌悪。
何をして離婚したのかは不明だけど、母親や友だちのことは心底愛している風で心底優しいのに、嫁子どもには最低な父親だった模様。
異常すぎるくらい母親に優しいしあまえんぼ。友だちには歯が浮きそうなセリフも言えるくらいブラザー。
だけど、妻からすると最悪な夫だったみたい。その説明を1分でも入れたら、少なからずメルヴィンを応援する気持ちがわいたかもしれない。

ルシールがなぜ車いす生活になったとかは語られるけど、それ以外の人たちの背景やその後が語られない。
メルヴィンを溺愛している母のことや、やたらと兄を嫌う妹のこと、超能力のおかげで人生いかようにもなりそうなメルヴィンを嫌悪する元妻のこと、みんなから恐れられているネイサンのこと、メルヴィンがインディアンみたいな被り物が好きなこと、ルシールの恋の行方などなど、気になるというか、コンパクトな映画だから余分なものを入れ込まないことの結果だとしても、これらを含んだらもっと本格的なドキュメンタリーになってたんじゃないのかな、なんて思う。

ぜひこの感じの映画を他の監督でリブートしてほしいかもね、とんだ失礼な話だけど。

アメリカン・ヒーローの予告動画・関連動画

役者について思うこと

スティーヴン・ドーフ

アメリカン・ヒーロー
https://www.imdb.com/title/tt4733536/

イマイチ、パッとしないひと。
残念ながら華がないというか。パッと見、イケメン風でもあるけど、そんなことないというのがすぐ分かる。逆に言えば、この映画のための役作りが完璧だとも言えるんだろうけど。
だけど彼は昔とっても人気だったんだって。wikipediaに書いてあったけど、「タイタニック」の主演のオファーもあったほどらしい。人は分からないものだね〜。

SHARE