映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

レヴェナント: 蘇えりし者
原題:THE REVENANT

レヴェナント: 蘇えりし者

CMで流れたプロモーションをみていたら、みたいっておもわないひといないだろっておもう。ぜったい劇場でみたいとおもったもんね。
第88回アカデミー賞ではレオナルド・ディカプリオが主演男優賞を受賞!監督賞、撮影賞も受賞。レオナルド、ほんとよかったね。

レヴェナント: 蘇えりし者の映画情報

  • 2015年制作
  • 156分
  • アメリカ制作のドラマ映画
  • 映倫(R15+)
監督
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
キャスト
レオナルド・ディカプリオ
トム・ハーディ
ドーナル・グリーソン
ウィル・ポールター
フォレスト・グッドラッグ
レヴェナント: 蘇えりし者のネタバレを含む場合があります

以下、「レヴェナント: 蘇えりし者」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
レヴェナント: 蘇えりし者」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

レヴェナント: 蘇えりし者のあらすじ・ストーリー

1823年、アメリカ北西部。ヘンリー隊長(ドーナル・グリーソン)をリーダーに狩猟をするために旅をしていた。ガイドは息子ホーク(フォレスト・グッドラッグ)を連れたヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)が務めていた。
あるとき、山のなかで先住民に襲われた逃走の途中、ヒューがグリズリーに襲われ重傷。やむなく、みんなの負担を考えヒューを連れていかない選択をする。

レヴェナント: 蘇えりし者の感想・評価・レビュー

どんなときでも醜いのは人間、ただしそれは摂理である。

公開前のプロモーションからガンガン流れてたレオナルド・ディカプリオがグリズリーとたたかってるやつ、あれであたしガン泣き。
異様にリアルでとってもこわかくて。こんなシーンで泣くとはおもってなかったよ。

プロモーションでもいってるかけど、レオナルド・ディカプリオが復讐をするわけなんだけど、その復讐劇よりも注目だったのは彼の生命力。
生命力とゆーか、強く生きたいとおもってる風とはまた違くて、導かれているとゆーか、生かされているとゆーか、もしかしたら神様なのかなとか考えてた。
ひとは窮地になれば底力を見せる、それはきっとそうなんだろけど、ことごとくその辺の動物のように殺されていくひともたくさんいるとおもうと、やっぱり生きている人間とゆーのは選ばれていると思ったほうがいいかもしれない。

現代の日本では遭遇することが難しい状況下だから想像すらつかないけども、じぶんが生きていくためにはひとを殺すことだって厭わない、とゆーか考えていらんないんだろう。
その割に、なかなかみんな情があって、特にあのヘンリー隊長(ドーナル・グリーソン)が、絶体絶命状態のグラス(レオナルド・ディカプリオ)を決して捨てることなくみんなで砦へ戻ろうとする頼もしい男なんだけども、部外者からすると、命狙われてんのによくもきちんとグラスを見捨てず連れて帰ろうとするわけで、真冬の山岳の厳しさを知らないあたしの頭ではまじで捨ててったほーがいーんじゃないかと心配になったり。

けっきょく、グラスを見届けろと命じ、そのあとは言っちゃうとアレだけど、ヘンリー隊長の正義感はどっからきているのか、経緯が不明でいまいちピンとこず。とても立派なひとのようだけど。

蘇りし者とゆーだけあって、彼の生命力は復讐するためだけの、もう失うものはなにひとつないとゆー最後の生きる糧がその生命力を作り上げたという、化け物グラスを作ってしまった。
裏切らないのはじぶんと、やっぱり家族だけ。
意外な例外もあるのだけれど、やっぱり家族の絆とゆーのは計り知れなくて、ステキなものなんだけども、逆にいえば、割り込むことがぜったいにできないものなんだなとおもうと、それはそれで悲しくなる。
血縁無関係でも家族となると、ぜったいに守りたいものになる。それを阻むことは、ぜったいできないんだ。

レヴェナント: 蘇えりし者の予告動画・関連動画
レヴェナント: 蘇えりし者
http://www.imdb.com/title/tt1663202/

役者について思うこと

レオナルド・ディカプリオ

レヴェナント: 蘇えりし者
http://www.imdb.com/title/tt1663202/

初のアカデミー賞主演男優賞を受賞。4、5回目のノミネートでようやくだ。受賞するためにやっているわけではないだろうけど、みている側もやっと獲ったか!って気持ちになる。
「アビエイター」「ブラッド・ダイヤモンド」「ウルフ・オブ・ウォールストリート」を経て今回。よかったね〜:)

SHARE