映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

マネー・ショート 華麗なる大逆転
原題:THE BIG SHORT

マネー・ショート 華麗なる大逆転

第88回アカデミー賞「脚色賞」を受賞。作品賞・監督賞・助演男優賞・編集賞・脚色賞と実に主要5部門にもノミネートされた話題作。
アダム・マッケイ監督の映画は好きなので、期待度大で映画館でみてきたよ。

マネー・ショート 華麗なる大逆転の映画情報

監督
アダム・マッケイ
キャスト
クリスチャン・ベール
スティーヴ・カレル
ブラッド・ピット
ライアン・ゴズリング
マネー・ショート 華麗なる大逆転のネタバレを含む場合があります

以下、「マネー・ショート 華麗なる大逆転」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
マネー・ショート 華麗なる大逆転」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

マネー・ショート 華麗なる大逆転のあらすじ・ストーリー

"2008年に起こったリーマンショックで世界経済は大混乱。そんな中、ある4人のトレーダーたちは4000億円もの利益を叩き出した。"
という実話をもとにしたストーリー。

マネー・ショート 華麗なる大逆転の感想・評価・レビュー

相当おもしろかった。
コメディではあるものの、ドキュメンタリータッチというのも手伝って、さらにテーマがリーマンショックだし、ちっともコメディ感を感じなかった。
経済の話をしているうえで、変人4人(ほかにもいるけど)のコミカルな演出はコメディと言えるものなんだけど、テーマはやっぱり世界経済。

撮り方もちょードキュメンタリーで、なんとなく見辛さはあったりする。
だけど、ときたまコメディ感を垣間見せる演出がすこしある。カメラに向かって役者が話し出すとか、ブロンドのおねーちゃん出てくるとか。程度は低いが、あくまでもコメディとゆー位置付けは守るのかと納得するシーンね。

さて内容はとゆーと、例の世界が震えたリーマンショックはどうして起こったのか、実はこんなことが起きていて、バブルは弾けないとおもっていた人々のなかで、いやこれはおかしい!と逆張りしたひとたちの話。
たぶんだけど、4人がお金のことでワーワーするコメディだとおもって劇場にきたひとたちにとっては、訳のわからない話で、退屈すぎて眠ってしまうレベルとおもう。

日々、為替のことでピーピー言ってるあたしですら難しい話もたくさんあったもの。たかが数年為替噛んでるあたしが言うこもアレだけどね。
とにかく、頭のいいキレまくったひとたちが、経済破綻に掛けた一世一代の大博打話が、意味を理解していないとスムーズに入ってくることはない話だから、みんながみんなたのしく見られるわけではないとゆーこと。
逆にビジネスの視点で見たら、非常に勉強になるという映画だとも言える。データ、データ、数字がものを言う世界だけど、最後はハートと勇気というのも感じる。

リーマンショックのことを真剣に考えてみたら、それだけ多くのひとが路頭に迷った背景があるわけだけど、というより背景ではなく本当の表ということで、複雑といえば複雑だけど、どうしても見てしまうのは変人4人の確かな思い切りのほう。
ものごとはなんにでも最初があって、なんかその”最初”の努力が見えたような気がしてとてつもなくかっこよかった。
一番乗りってすごいことだけど、とてつもない勇気と努力が要ることだもんね。

この映画は、本当のひとたちの話です。
世界のいたるところで、じぶんの人生を変えようとしてる、世界を変えようとしてる、お金儲けをしようとしている、大マヌケと呼ばれている頭のいいひとたちがいるってことです。
意外と感動もらえる変人たちの話です。

邦題「華麗なる大逆転」がなんか好きくないっぴ。

マネー・ショート 華麗なる大逆転の予告動画・関連動画
マネー・ショート 華麗なる大逆転

役者について思うこと

該当なし

SHARE