映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

ラストベガス
原題:Last Vegas

ラストベガス

おじいちゃんになった豪華なベテラン役者たちのドタバタコメディ。ぜひ、おじいちゃんたちにみてもらいたい一本〜。

監督は、「あなたが寝てる間に・・・」(1995)や「フェノミナン」(1996、)「ナショナル・トレジャー」(2004)、「MEG ザ・モンスター」(2018)のジョン・タートルトーブ。

share

ラストベガスの基本情報

  • 2013年制作
  • 105分
  • アメリカ制作のコメディ映画
  • 映倫(G)
監督
ジョン・タートルトーブ
キャスト
マイケル・ダグラス
ロバート・デ・ニーロ
モーガン・フリーマン
ケヴィン・クライン
メアリー・スティーンバージェン
ジェリー・フェレーラ
ロマニー・マルコ
ロジャー・バート
ジョアンナ・グリーソン
マイケル・イーリー
ブレ・ブレア
ラストベガスのネタバレを含む場合があります

以下、「ラストベガス」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
ラストベガス」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

ラストベガスのあらすじ・ストーリー

60年来の大親友4人組、それぞれ問題を抱えるビリー(マイケル・ダグラス)、パディ(ロバート・デ・ニーロ)、アーチー(モーガン・フリーマン)、サム(ケヴィン・クライン)は4人のなかで唯一独身を貫いてきたビリーの結婚のために集まった。

ビリーのバチェラーパーティーのためにラスベガスへ集結したが、パディだけは乗り気ではなかった。その理由は、パディの愛妻が亡くなったとき、ビリーだけが葬式に参加しなかったから。その怒りが未だ冷めず、ふたりはギクシャクしていた。

気分は浮かないが、4人はそれぞれラスベガスを楽しんだが、アーチーがカジノで大勝ち。10万ドルという大金を手にし、ビリーのパーティーをド派手に開催することにした。

徐々にパディもゆるんできて笑顔がみられるようになったが、バーで歌うダイアナを好きになってきたことでおかしくなってくる。

パディは亡き妻を忘れられないが、前に進もうとダイアナに恋い焦がれるように。ビリーは若い彼女と結婚することに不安を感じ、大人の女性ダイアナが気になるように。

そんななかはじまったビリーのバチェラーパーティー、大金をはたいて開いたパーティーは大盛り上がりしていた。ダイアナもパーティーにやってきたが、ダイアナはビリーを目当てにきていた。ダイアナを追いかけたパディは、かつてパディの妻はビリーを愛していたがビリーは遠慮してパディに彼女を任せたという秘密を知ってしまった。

翌日、パディはビリーに、妻が本当に自分を愛していた思い出を語り、さらに愛しているか否なのか不明な若い女と結婚するべきではないと説得され、ビリーは結婚をやめることにした。パディとビリーの仲ももとに戻り、4人はラスベガスを後にした。

58日後、パディは苦手だったアパートの隣人と楽しみ、アーチーは孫と遊び、サムは妻と昔のように愛し合っていた。ビリーはというと、ダイアナと結婚すると親友に報告していた。

ラストベガスの感想・評価・レビュー

60年来の親友4人組、印象的なあの思い出だけが流れて、一気に58年が過ぎる。いまは毎日制限のある生活をするアーチー、情熱を失くしてしまったサム、妻に先立たれて空っぽのパディ、老いと孤独を恐れるビリー。さすがにまだこのひとたちからしたらヒヨコの年齢だからアレだけど、あたしもちょっとわかる気がする。あそこまでのおじいちゃんでなくても、ある程度大人になると制限されなくてはいけないことが出てきたりするじゃん。

子どものころだったらだれかに甘えて生きたいられたのに、大人になると自由になるのかと思いきや、経済的な理由、道徳的な理由、仕事や家庭の物理的理由が覆いかぶさって、明らかに思い描いていたものとちがう生活を送ってたりする。

働く体が元気なころにがんばったご褒美だろうけど、おじいちゃんたちはおじいちゃんになったときの自由を謳歌していた。制限された生活や昔との差に落ち込むのはわかるけど、かなり恵まれた4人でもあった。あとは動き回るパワーがあるか、パワーを使うか、使ったあともとに戻るか、いろいろ問題はあるけれど、心底楽しんでいた4人はなにより楽しそうで、若かりしころの青春そのものなんだろう。

 

現実、こんな明るくてきらびやかで豪華でかっこいいシニアの集まりは、そうないけど、さすが映画、さらにはさすが豪華キャスト。モーガン・フリーマン1937年生まれ、ロバート・デ・ニーロ1943年生まれ、マイケル・ダグラス1944年生まれ、ケヴィン・クライン1947年生まれが集結しているのだから、顔ぶれをみるだけでもちょっと湧く。

ストレートによくありそうな映画ではあるけど、こんなキャスティングはみておかないと損かもなんて気持ちになるから歴史の長いベテランたちはすごいな。

ラストベガスの予告動画・関連動画
share

tag

Years
Director
Actors
Film Award
Country
Animation
Other
Motion Picture Code

popular tag

1971年 1977年 1979年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 DC F・ゲイリー・グレイ監督 PG12 R15+ R18+ X-MEN アカデミー賞ノミネート アカデミー賞受賞 アマンダ・セイフライド アメリカ アンジェリーナ・ジョリー イギリス イタリア イルミネーション オリジナルビデオ カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞 クェンティン・タランティーノ監督 クリストファー・ノーラン監督 クリント・イーストウッド監督 ケイト・ブランシェット ケヴィン・ベーコン コーエン兄弟監督 サンドラ・ブロック シャーリーズ・セロン ショーン・コネリー シリーズ シルヴェスター・スタローン ジャック・ブラック スタジオポノック スティーヴン・スピルバーグ監督 スティーヴ・ブシェミ ディズニー ディズニー&ピクサー ディズニー(アニメ) デヴィッド・リーチ監督 トム・クルーズ ドラえもん ベン・アフレック監督 マシュー・マコノヒー マシュー・ヴォーン監督 マーク・ウォールバーグ マーゴット・ロビー マーティン・スコセッシ監督 マーベル・シネマティック・ユニバース ライアン・ゴズリング ラジー賞ノミネート ラジー賞受賞 リブート リメイク レオナルド・ディカプリオ ロバート・デ・ニーロ 伝記 劇場未公開 実話 日本 日本アカデミー賞ノミネート 日本アカデミー賞受賞 韓国