映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

HERO(2002)
原題:英雄

HERO(2002)

第75回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたんだって。

予想していた鮮やかな色づかいに魅力される…ではなく、英雄伝説を伝えるすごい映画だったよ。だからきっと、視覚効果とかそっちではなく、アカデミー賞も外国語映画賞ノミネートだったんだとおもってる。もしや視覚効果賞って外国映画は入らない?

share

HERO(2002)の基本情報

  • 2002年制作
  • 99分
  • 中国制作のアクション映画
  • 映倫(-)
監督
チャン・イーモウ
キャスト
ジェット・リー
トニー・レオン
チェン・ダオミン
マギー・チャン
チャン・ツィイー
ドニー・イェン
HERO(2002)のネタバレを含む場合があります

以下、「HERO(2002)」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
HERO(2002)」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

HERO(2002)のあらすじ・ストーリー

秋春戦国時代、秦王(チェン・ダオミン)のもとに趙の刺客を討ち取った無名(ジェット・リー)が訪れた。刺客を殺した褒美として、本来王へは100歩と近づくことを禁じられていたが、10歩まで近づくことを許された。
秦王は、趙の刺客3人をどのように殺したのかを無名に話すよう命じ、無名はどのように殺したか経緯を明かしたが…。

HERO(2002)の感想・評価・レビュー

2000年以上も昔の中国は、7つの国に分かれ、人々は戦乱に苦しんでいた。
天下統一を目指す最強国秦の国王は、他国が放つ刺客に命を狙われていた。
秦王暗殺には数々の伝説が残されている。
この物語はその1つである。

このメッセージからはじまった。

なぜ今さらみてみたか。漫画キングダムを読んで春秋戦国時代の映画なんかないかなーで見つけた一本。
当時は中国の歴史映画なんて興味なかったからな〜。でも当時とても話題になってた記憶ある。

みてビックリ。超ファンタジーだった。
趙の刺客たちとの展開は色鮮やかな朱色、青色、白色、緑色に色分けされていて、斬新な演出で話のテンションを区別。色鮮やかとはいっても、自宅のテレビで、しかも当時の映像のクオリティはいまの映画に比べたら雲泥の差だから、当時映画館でみたら圧倒される色彩なんだろうなって他人事だったけど。
いわゆるワイヤーアクションなのかな、終始それで、各剣人たちが舞う舞う。きれいと言えばきれいだけど、みた時代がわるかったんだと飲み込んだ。
映像美の評価が高いことで有名と聞いていたけど、残念ながらあたしはそこにはピンとこず、剣の達人たちがじぶんの身体能力までもが身軽で高速で、まるで超能力者つまりX-MEN的な異質な人種とゆ、SF的なファンタジックな面におどろかされた。
ここ数年のあいだに、はじめてみたひとは、どれをみて映像美を褒めているのか謎だ。

演出の評価なら納得できる。ほぼワイヤーアクションでできている舞いのような剣術は、ワイヤーアクションに精魂込めないとできないことだろうし、無名や残剣たちが、いかに超人的なのかを理解するには十分だったし、その超人の域に達するための類い稀ない努力を知らしめたわけだ。
これこそ映画館でみていたら、グッと引き込まれたのかもしれないね。

そして、なによりもおもしろかったのはストーリーだった。
後の始皇帝、秦王が死ぬことはないと分かっていたから、このまま無名がどうやって秦王を殺さずに終えるのかがたのしみでならなかった。
どれだけの想いを背負ってきたか、いろんな演出をしてまで秦王に近づき、そこで天下統一を果たすに足る男かを知るには大変な道のり。
もしかしたら、無名は秦王を殺す気がなく宮廷を訪れていたのかもしれないとか、あの瞬間、殺すことを踏みとどまったのかなとか、いろいろと考えた。
たった数人しか登場しないし、剣を交えるシーンが9割だっつーのに、まして99分とゆ短さでグッとおもしろさを深めたのは、無名だとおもっていた。
でも、違かった。

けっきょく、この映画のHERO、つまり英雄は秦王だったのかな。刺客をも認めざるを得ない力と器と可能性を持った秦王が、いかに傑物だったかを示す映画なんだとおもった。
ラストの秦王が下す決断のためのすべては序章。こんなにすんげー奴らが、あいつは殺すべきじゃない、中華を統一するヤバい奴だって思わせるための演出。
こんなストーリーを平凡だと言うひとは、すこし理解できないかな。

総じて、キングダム云々を差し置いて、みておいてよかった。ジェット・リーだからって、そっちだけをみていてはダメだ。トニー・レオンだけをみていてはダメだ。
暴君になってしまい、悲しい死を遂げてしまった始皇帝も、中華統一をするまでの道のりは、つらい判断の連続だったことを汲み取るべきなんだろな。

予告の最後でも言ってた。『この国はまだ本当のヒーローを知らない』。
これって、まだ始皇帝になる前の偉大な王、秦王のことなんじゃないかってな。

HERO(2002)の予告動画・関連動画
share

tag

Years
Director
Actors
Film Award
Country
Animation
Other
Motion Picture Code

popular tag

1971年 1977年 1979年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 DC F・ゲイリー・グレイ監督 PG12 R15+ R18+ X-MEN アカデミー賞ノミネート アカデミー賞受賞 アマンダ・セイフライド アメリカ アンジェリーナ・ジョリー イギリス イタリア イルミネーション オリジナルビデオ カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞 クェンティン・タランティーノ監督 クリストファー・ノーラン監督 クリント・イーストウッド監督 ケイト・ブランシェット ケヴィン・ベーコン コーエン兄弟監督 サンドラ・ブロック シャーリーズ・セロン ショーン・コネリー シリーズ シルヴェスター・スタローン ジャック・ブラック スタジオポノック スティーヴン・スピルバーグ監督 スティーヴ・ブシェミ ディズニー ディズニー&ピクサー ディズニー(アニメ) デヴィッド・リーチ監督 トム・クルーズ ドラえもん ベン・アフレック監督 マシュー・マコノヒー マシュー・ヴォーン監督 マーク・ウォールバーグ マーゴット・ロビー マーティン・スコセッシ監督 マーベル・シネマティック・ユニバース ライアン・ゴズリング ラジー賞ノミネート ラジー賞受賞 リブート リメイク レオナルド・ディカプリオ ロバート・デ・ニーロ 伝記 劇場未公開 実話 日本 日本アカデミー賞ノミネート 日本アカデミー賞受賞 韓国