映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
原題:Mission: Impossible - Fallout

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

ファン待望のシリーズ6作目。メガホンをとったのは前作の「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネーション」に続き、クリストファー・マッカリー監督。
トム・クルーズ56歳!不可能なことはないイーサン・ハントじゃなくてトム・クルーズがやばすぎる!
ぜったいに映画館でみなきゃね!

ミッション:インポッシブル/フォールアウトの映画情報

監督
クリストファー・マッカリー
キャスト
トム・クルーズ
ヘンリー・カヴィル
ヴィング・レイムス
サイモン・ペッグ
レベッカ・ファーガソン
ショーン・ハリス
アンジェラ・バセット
ヴァネッサ・カービー
ミシェル・モナハン
アレック・ボールドウィン
ウェス・ベントリー
フレデリック・シュミット
ミッション:インポッシブル/フォールアウトのネタバレを含む場合があります

以下、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
ミッション:インポッシブル/フォールアウト」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

ミッション:インポッシブル/フォールアウトのあらすじ・ストーリー

IMFのイーサン・ハント(トム・クルーズ)たちは盗まれたプルトニウムの回収を目前に失敗。プルトニウムによって同時刻核爆発を阻止するミッションを受ける。
手がかりは、過去にイーサンが捕まえたソロモン・レーン(ショーン・ハリス)が率いたシンジケートの生き残り勢力と、ジョン・ラークという謎の男、ホワイトウィドウという謎の女のみ。
さらに、ミッションにはイーサン・ハントの監視役としてCIAからウォーカー(ヘンリー・カヴィル)の同行を条件とされた。
ウォーカーを加え、イーサンたちはパリへ向かいホワイトウィドウに会いにいくが…。

ミッション:インポッシブル/フォールアウトの感想・評価・レビュー

待ちに待ったMIの6作目!
興奮度マックスで映画館にゴーしたよ。

初っ端から言ってしまうけど、もしかしたら終わりなのかなとも思う最後だった。
シリーズでいちばん泣けた超傑作。まちがいなく傑作。ここまでくるともう人間業とは思えないんだけど、そんなのまえからそうだしな。
つまり、毎度毎度その異常なアクションに驚かされるばかりとゆこと。

今回は、2年前に苦労して捕まえたシンジケートのレーンが、またも地球を窮地に追い込むとゆ、スケールの大きな話。
プロトニウムを回収して核爆発を防ぐミッション。
冷静に考えたら、なんだそれ!てかんじだよね。
それをマジで阻止しにいくトムたちもそうだけど、それをやろうとしてる組織もまたすごいよね。
いくら極悪非道の人間とは思えないような奴らでも、そんな組織を作って新たな世界を目論み、まもなく達成できるところまでいくんだからすごい。
とてつもない頭の持ち主で、良くも悪くも人徳があるはずだ。金を用意するのも、並々ならぬ努力があったはずだし、つまりあたしみたいな人間よりは、はるかに努力し続けているストイックな部類だ。
エンタメなのに、つくづく感心する。

そして、今回のフォールアウトの特徴として、スリルがやばいとゆ点。
スリルのレベルがガチ高すぎる。
特にこれまでのなかでもアクション強めで、いつだってもちろん体当たりの超アクションだけど、それを上回るまじめなアクションで、思わず声が漏れだすこと何十回。
となりのひとに迷惑かけてないか心配になったけど、数回漏れたらもう気にしなくなったよ。
そのためか笑える度は低め。いや逆に、ここまでやるのかよってゆー苦笑いのような笑いは超あるけども。
この、超ド級のアクションをたのしむためにも、ぜったいに映画館にいったほうがいいね。

さいごに、あたしがボロ泣きしたのは、アクション多めの映画のなかでも、しっかりと人間ドラマがあったから。
人生のすべてを、世界のみんなを救うために生きているイーサン。このひとの魅力を知った人間たちは、かならず彼を信頼し、なにかすごいパワーも得てしまうような。
彼の壮絶な人生、危険な仕事が、すべて意味を持っていて、多くのしあわせを生んでいることを知ることができるシーンには、涙が出ないわけがない。

ミッション:インポッシブルもここまでくると、「ワイルドシングス」のシリーズかのような騙し合いの嵐になってる。ワイルドシングスはごめんすごい悪口ぽいけど!
さすがにミッションをみている途中、推理なんてもっぱらしていないんだけども、仕掛けが多すぎてそもそも追っついてなんかいけない。
騙し合いのなか、だれが多く騙せたか、だれが先手を打ったか、だれが揺らがずにいられるかで勝者が決まる。
こんなに複雑なこと、もっと俯瞰でみようとすれば冷静にみていられるのかもしれないけどね。まーそしたら、この映画をみている意味がなくなってしまう!

ミッション:インポッシブル/フォールアウトの予告動画・関連動画

役者について思うこと

ヘンリー・カヴィル

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
https://www.imdb.com/title/tt4912910/

イーサン・ハントとスーパーマンが共演するとゆ大変なイベント。今回はじめて知ったけど、ヘンリー・カヴィルてあたしの1つ上…1983年生まれ。
今回いっしょに映画をみにいったひとと話していたけど、40オーバーなのは間違いないよねって話してた。

スーパーマンの彼しか知らないけど、スーパーマンのときよりもセクシーでかっこよかった。顔も体もパーフェクトだね。
あとであたしがすきなイケメン軍団のページを作ろう。ページを開けば、すきな顔が一覧で見られるじゃん、最高。

とにかく、クソな役ではあったけど、今回のミッションにセクシーな色を添えていたよ。女性ではなく、男性のスパイスが加わるのはとても新鮮だね。
関係ないけど、キャプテンアメリカ派だったけどスーパーマン派に寝返ろうかともおもってる。

SHARE