映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

ポワゾン
原題:Original Sin

ポワゾン

原作は、1947年のウィリアム・アイリッシュの「暗闇へのワルツ」という小説。1969年にフランスで「暗くなるまでこの恋を」として映画化。
「ポワゾン」はそのリメイクなんだって。

WOWOWでみたよ。

ポワゾンの映画情報

  • 2001年制作
  • 116分
  • アメリカ制作のサスペンス映画
  • 映倫(-)
監督
マイケル・クリストファー
キャスト
アントニオ・バンデラス
アンジェリーナ・ジョリー
ポワゾンのネタバレを含む場合があります

以下、「ポワゾン」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
ポワゾン」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

ポワゾンのあらすじ・ストーリー

サンディエゴでコーヒー輸出商社を経営するルイス・バーガス(アントニオ・バンデラス)は、アメリカ人女性と文通し結婚を決意した。
花嫁を迎えるためにアメリカへ出向き、念願のジュリア(アンジェリーナ・ジョリー)に会うと、事前に見ていた写真とは違う女性だった。美人のジュリアが容姿目当ての男性を避けるために別人の写真を送ったと言う。
しかしルイスもまた、金目当てを避けるため、文通では経営者とは言わずに勤めていると伝えていた。
ふたりはその日に結婚し、サンディエゴでの暮らしがはじまったが、ある日ジュリアの妹エミリーからジュリアが音信不通で心配だから警察へ連絡するという手紙が届いた。
ジュリアはエミリーへ手紙を書くが、しばらくしてエミリーに雇われた私立探偵が訪ねてきて、手紙の筆跡はジュリアのものではないと言うが…。

ポワゾンの感想・評価・レビュー

いつだか昔にみたときは、もっと過激なシーンがあったけども、WOWOWがR-18指定だったものを一部修正してR-15指定相当としたものだから、たしかにアレだった。

性描写があるのは、ジュリアという女性がいかに魅力的かを示すためのものであって、決してムラムラさせるためではない。
そもそもアントニオ・バンデラスとアンジェリーナ・ジョリーが出演してるんだからあたりまえだ!

直接そう発言していたわけではないけど、ジュリアはきっと床上手であったに違いない。
娼婦のように生きてきた過去もあるし、アンジェリーナ・ジョリーがまたそうゆーの上手そうな唇をしているのもある。

さて、ここでルイスが驚かないことが不思議だった。
純粋な男のようだけど、裕福だし、それなりに女性は見てきた的なことを発言したシーンもあった。
会ったこともないジュリアと結婚を決意したのだって、これまで多くの女性と付き合ってきたが結婚にはいたらず、容姿もなにも考えず文通した子に決めてしまおう!という、それはそれは投げやりにもなりたくなるような女性遍歴だったんだろうとうかがえるようなかんじだし。
だからこそ、彼が出会ったジュリアという純情そうな女性が実はすごく美人で色目がうまく、さらにベッドの上でも達者だったなんて…、なにか思わないものか。

そんなことを考えるヒマがないほど、彼女に夢中になってしまっていたということなんだろけど、さすがに疑いの目をまったく持たないバカなルイスに呆れそうになる。
さらに、どんどん彼女にのめり込み、そう女に合わせる男になってしまっていく。
それは優しさじゃなくて、惚れ込みすぎてじぶんを失っていってしまうってゆ典型的なやつだ。

その入り口から、この結婚は不可解だった。
特に外国だし、夫婦の関係ってよく知らないけど、性的興奮した女性って結婚するのかな〜てゆ疑問が浮かぶ。
日本にだってもちろん仲良し夫婦はいるだろうけど、妻にずっと興奮している夫は少ないはず。
ルイスとジュリアの場合、文通後にはじめて出会って結婚、いわゆるいちばんラブラブな時期を過ごしているから毎晩のように抱き合うのだろうけど、この熱がひん曲がってくる。

ルイスはどんどん、ジュリアに奪われていく。ルイスの希望通りではあるけど、女に恋してじぶんを失ってボロボロになっていくのは、やっぱりいい男ではない。
憎しみさえ生まれて、いっそのこと殺してしまおうとかんがえる。
じぶんが与えた愛と、相手からもらう愛の大きさがちがうと不安になるからだ。
案の定、ジュリアの愛はうそだったからルイスは裏切られたことで憎しみになる。
そしてまた少し経つと、情が湧きたち、じぶんのものだけにしたい欲求が出てくる。つまり、やっぱり愛してる!が勝つ。

世間のいわゆるいい女やいい男は、そもそもこんなところで足踏みしない。もっと早い段階で、じぶんのしあわせを考えられる。
だからこんな深入りはすることない。
人が死んだだなんて話を除けば、ルイスとジュリアの大恋愛ラブストーリーだ。
元カレを巻き込み過去を捨てられないジュリアに、新たな未来を与えてくれる王子ルイス。
体験したことがない刺激にルイスが落ちて、ジュリアはたった一人、心にあるのはビリーだけだから、やっぱりルイスのもとを去る。
しかしあまりにもルイスが純情に愛をくれ続けるものだから、ジュリアも結果、ビリーを上回る愛を知る。

そう思える相手と結婚できるのは最高にしあわせだろう。
まさかの超転落した人生にはなったけど、ルイスとジュリアにとっては、共に居られる最高にしあわせな人生なんだろう。

真面目な男は、一度吹っ切れるととてつもなくパワーを出す。良くも悪くも。

役者について思うこと

トーマス・ジェーン

ポワゾン
https://www.imdb.com/title/tt0218922/

ジュリアを翻弄してきた近親相姦のような男ビリーを演じたトーマス・ジェーン。
最近はまったく見ないけどなにをしてるんだろ。
好きも嫌いもないけど、なんとも中途半端な役者だったかもしれない。
だけどいまも映画に出ているようで、ビックリなのは「ザ・プレデター」(2018)にも出演していること。
大っきい映画出てるじゃん〜。

SHARE