映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

ダイヤルM
原題:A Perfect Murder

ダイヤルM

ダイヤルMの映画情報

  • 1998年制作
  • 107分
  • アメリカ制作のサスペンス映画
  • 映倫(-)
監督
アンドリュー・デイヴィス
キャスト
マイケル・ダグラス
グウィネス・パルトロー
ヴィゴ・モーテンセン
デヴィッド・スーシェ
コンスタンス・タワーズ
サリタ・チョウドリー
マイケル・P・モラン
ダイヤルMのネタバレを含む場合があります

以下、「ダイヤルM」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
ダイヤルM」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

ダイヤルMのあらすじ・ストーリー

会社を経営する夫スティーヴン(マイケル・ダグラス)と国連に勤める妻エミリー(グウィネス・パルトロー)のテイラー夫妻。周囲からはキラキラした夫婦だと思われているが、実は問題を抱えていた。
スティーヴンの会社は株が売られ、破産寸前で資金繰りに苦しんでいた。エミリーはなにもかも自分の思い通りにする傲慢な夫に嫌気がさしていて、さらに画家のデイヴィッド・ショー(ヴィゴ・モーテンセン)と不倫をしていた。
ある日、スティーヴンは妻の不倫相手デイヴィッドに、金を渡す代わりに妻を殺せと命じたが...。

ダイヤルMの感想・評価・レビュー

おもしろいね〜、緊張感パンパン、マイケル・ダグラス出ているだけで映画が落ち着く。オリジナルは知らないけど、関係なくおもしろいね〜。

 

 

 

会社を経営する夫スティーヴンと国連に勤める妻エミリーのテイラー夫妻。周囲からはキラキラした夫婦だと思われているが、実は問題を抱えていた。

スティーヴンの会社は株が売られ、破産寸前で資金繰りに苦しんでいた。エミリーはなにもかも自分の思い通りにする傲慢な夫に嫌気がさしていて、さらに画家のデイヴィッド・ショーと不倫をしていた。

ある日、スティーヴンは妻の不倫相手デイヴィッドに、金を渡す代わりに妻を殺せと命じた。スティーヴンの描いたシナリオでは、デイヴィッドがエミリーに手を下すはずが、デイヴィッドはチンピラを雇い、エミリーを襲わせた。しかしエミリーは襲ってきた男を殺し、無事に助かったため計画がおかしくなる。

エミリーは夫が雇ったのだと疑うが、スティーヴンはどうにか自分への疑惑を晴らし、自分の妻殺し計画を知っているデイヴィッドを殺し、きれいさっぱりなかったことにしようとする。

しかし、エミリーを殺すシナリオをスティーヴンが説明するところを録音したテープをデイヴィッドが残していたため、エミリーは事実を知る。スティーヴンはエミリーを殺そうとするが、エミリーは銃でスティーヴンを撃ち殺した。エミリーはテープを警察に聞かせて正当防衛が認められた。

 

 

詳しく説明するとおかしくなりそうだったので簡潔にしたよ。

嫉妬が渦巻くどろどろ殺人計画ではなく、お金ほしさに困った奴らの這い上がり計画だった。

唯一、お金に汚くない、ただ不倫相手を愛してただけのエミリーがかわいそうな感じで描かれているけど、エミリーは死んだら1億ドルの遺産がある資産家の娘だもの。ピュアと言えばそうだけど、いわゆるバカ女で、彼女の後ろにある1億ドルの資産がなかったら、かつては愛していた夫も、ついこの前まで愛していた不倫相手も、エミリーには近づかなかったかもしれないバカ女だ。

結婚を決めた男にも、その男以上に愛した男にも、けっきょく金だけを求められたかわいそうな女だ。金がなくてもこの女を失いたくない、と思わせられなかったエミリーにも十分非がある。殺される価値がある、とはもちろん思わないけど、妻としては金をどうにかする責任は少なからずあるだろう。愛する夫がピンチなのだから、助けようと思うのが妻じゃないのか。

そんなことも知らずに、夫は自分のことばかりで愛してくれないなんて、寝ぼけたことをいうんだ。

SHARE