映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

アイランド
原題:The island

アイランド

制作費約132億円、全米での興行収入が約38億円という大失敗に終わった映画。失敗の原因は、まだまだ人気の薄い役者たち(特にスカーレット・ヨハンソン)にあると制作側に裏切られたエピソードも有名。
ちなみに同年公開の「マッチポイント」(2005)でスカーレット・ヨハンソンはゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートされているの。

監督は「アルマゲドン」(1998) や「パール・ハーバー」(2001)、「トランスフォーマー」(2007)などのマイケル・ベイ。

アイランドの映画情報

監督
マイケル・ベイ
キャスト
ユアン・マクレガー
スカーレット・ヨハンソン
ショーン・ビーン
スティーブ・ブシェミ
ジャイモン・フンスー
アイランドのネタバレを含む場合があります

以下、「アイランド」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
アイランド」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

アイランドのあらすじ・ストーリー

2019年。ドクター・メリック(ショーン・ビーン)のコロニーで、リンカーン・6・エコー(ユアン・マクレガー)は決められた服、決められた食事、決められた生活をしていた。コロニーでは他にもたくさんの人が暮らし、みんな汚染された世界の生き残りで、夢の楽園アイランドへの移住を夢見ていた。

しかしリンカーンは規則的なコロニーの生活に疑問を抱きはじめ、規則違反をして立ち入ることができないエリアに踏み入った。すると、そこでアイランド行きに当選した人間たちが殺されている現実を知る。仲良しのジョーダン・2・デルタ(スカーレット・ヨハンソン)がアイランド行きに当選し、まもなくアイランドへ向かうというところでリンカーンはジョーダンを連れて脱走を図る。

コロニーを出ることができたが、行先は何もわからない状態。そこで施設で働くマッコード(スティーブ・ブシェミ)を訪ね、マッコードからリンカーンやデルタ、コロニーで生活している人間たちはみんな、スポンサーの保険である移植用クローン「アグネイト」だということを知らされる。スポンサーが病気や老いたとき、クローン体から臓器や細胞を移植する目的で作られていた。

殺される目的を知ったふたりは、自身のスポンサーを見つけようとする。マッコードの助けを借りて移動するが、ドクター・メリックが依頼したセキュリティのローレント(ジャイモン・フンスー)がふたりを追った。命からがらたどりついたリンカーンのスポンサーは、保険であるクローンを迎え入れたが通報。すぐにまたローレントたちがやってきた。しかし、ローレントはふたりの区別がつかずスポンサーを撃ち殺し、クローンが生き残ったとは知らずに任務を終えることになった。

完全にクローンではないリンカーンになり切ったリンカーンのもとに、リンカーンを製造したときの不具合を問題にリコールが決定した連絡を受け取る。リンカーンは、リコールされる、つまり殺されるクローンたちを放っておけず、助けに向かう。リンカーンはスポンサー本人を装い、ジョーダンはわざとローレントに捕まり、コロニーへともどった。

リンカーンはクローンを作り出すドクター・メリックを止めに、ジョーダンはリコールのクローンたちが殺されるのを止めに向かう。かつて人間として扱われなかったコートジボワールの暴動被害を受けた過去を持つローレントの助けもあって、クローンたちを助け出すことができ、クローンたちはコロニーの外へはじめて出るのだった。

アイランドの感想・評価・レビュー

2005年公開当時、2019年にクローン人間がこうもふつうに生きている科学が発達しているとは思っていなかったけど、ずいぶん近い未来で描いたなと驚く。ま、時代云々は一切関係のないことなくて、クローンとは人間か、人間でないとしても生命としての尊厳を与えるべきか、倫理を問う重いテーマ。

あるあるだけど、邪まな心や考えを持たないこの世に誕生したばかりのクローンはやさしい。だから対人間(オリジナルの)となると、どうしても人間が悪になりクローンが善に見られがちだ。重いテーマのなかに、こういう贔屓目を完成させる大前提があるので偏りがちになるはずだ。

この映画のなかでは、誰が善で誰が悪か。遺伝子組換における法を犯しながらクローンを作りリッチな人たちを相手に商売をするドクター・メリックか、生きるために本来の持つ命の限界を不自然な形で越えようとするスポンサーか、オリジナルのコピーでありながらオリジナルと同様に生きようとするクローンか、もしくはそんな社会を成立させようとする国防総省か。

悪そうなのはドクター・メリックのように思うけど、彼の根本にあるのは小児白血病を治そうとする医師の志。そう、人間を助けるための科学の成功が彼の志だ。それは悪か問われれば、きっと善だと思う人が大半だろう。

では自分の命をもっと長いものにしようと大金をはたいて、アグネイトの命を買うスポンサーが悪か。それもまた悪だとも思えない。どんな理由があるにせよ、生きたいと思うのは自然なことだし、金で臓器や細胞が買えるとなれば、その金があるなら、やらない人間は少ないはずだ。

では勝手に生を受け、生かされ、殺される何の権利も持たないクローンが悪か。「勝手に生を受け、生かされ殺され」と聞くと、当然悪ではない。しかし善でもない。あたしが思うに、感情を持ち、魂があり、意思がある生命体であっても、この時点ではただのアグネイトだと思われるのはしかたがないように思う。言葉を話すから人権を与えられるのか、感情があるから人権を与えられるのか、それならあたしたちのすぐ隣にいるペットたちだって同じことだ。見た目が違うだけで何も変わらない。
リンカーンやジョーダンの、自分の命を守ろうと街中を巻き込み他人を巻き込み人を殺すそれは許されるのか。神に好かれている、と言われたシーンやスポンサーであるトム・リンカーンをクローンだと思わせ殺させるシーンはどうも納得がいかなかった。

クローンたちのなかのアダムとイヴのように描かれていたけど、彼らはまだ世界や社会を知らない無垢な赤ちゃんのようなもので、人間というものとは明らかな別物であり、さらに自分たちを正当化して人間を陥れる悪なのではないかと思う。

よくあるSF映画の、AIがひとりでに動き世界を支配しようとする〜、にものすごく近いのではないかと思ってしまった。結論、世界を支配しようとしているのではなかろうかクローンが悪に

SHARE