映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

キャスパー
原題:Casper

キャスパー

先日みた「パーフェクト・ワールド」(1993年)でフィリップ君がハロウィン用のキャスパーのお面を付けていて、小さな頃の思い出が蘇ったのでレンタルしてみたよ。

監督は「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」のブラッド・シルバーリングで、この「キャスパー」(1995)が初監督映画なんだって!

キャスパーの映画情報

  • 1995年制作
  • 100分
  • アメリカ制作のファンタジー映画
  • 映倫(-)
監督
ブラッド・シルバーリング
キャスト
クリスティーナ・リッチ
ビル・プルマン
キャシー・モリアーティ
エリック・アイドル
ギャレット・ラトリフ・ヘンソン
ジェシカ・ウェッソン
デヴォン・サワ
エイミー・ブレネマン
マラチ・ピアソン
キャスパーのネタバレを含む場合があります

以下、「キャスパー」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
キャスパー」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

キャスパーのあらすじ・ストーリー

父の遺言でホイップスタッフという屋敷を受け継いだキャリガン(キャシー・モリアーティ)。莫大な遺産を期待していたが自分に残されたのは古い屋敷だけだったために怒り狂い、権利書を暖炉に捨ててしまう。
すると、燃えた権利書に"屋敷に宝物が眠っている"という文字が浮き上がってきた。キャリガンは弁護士ディブス(エリック・アイドル)とともに、宝物を探すためにホイップスタッフへ向かった。
一方、心霊学者のハーヴェイ博士(ビル・プルマン)と娘キャット(クリスティーナ・リッチ)は、キャリガンに雇われホイップスタッフへとやってきた。
ホイップスタッフには、思いを残して亡くなってしまった人のゴーストが住み着いていた。ゴーストの一人キャスパーは、次第にキャットと仲良くなっていくが...。

キャスパーの感想・評価・レビュー

思い残したことがあると、死んでもゴーストとなってさまよい続けなくてはいけない。
思い残したままずっとゴーストのキャスパー。やさしくて無邪気でかわいい。
お化けなんだけど、キャットもすぐに打ち解ける。ゴーストだけどまともに話せるし、心もある。とにかくかわいい。

子どものころ、何度もみた記憶があるんだけど、果たしてちゃんとストーリーをみていたかは不明!
1995年はあたしが11歳か。もっと前の映画だと思っていたけども。
おそらく、ストーリーをわかっていてもおかしくない年齢だけど、たぶんわかってないだろうな。

子どもがみる映画だから当然であるべきだけど、悪いやつがいない。
一見、悪魔のような女に思われがちな遺言で屋敷を継ぐことになったキャリガンも、実はぜんぜんわるくない。
彼女は遺言で屋敷を譲り受け、見に行ったらゴーストがいて、暴れまくって困るから始末しようとする。
法的にもキャリガンのものなのだから、ゴーストが暴れまくっている財産をきれいにしようとするのは当然。

少しやり方が大げさだし、”悪い人間”と描かれるものだからイヤなおばさんになってしまっているけど、本当なら超ふつうのことだろうなw

公開されてから20年以上。ゴーストたちのもっと深いエピソードを交えて、リブートだとかされないかなあ。
めちゃくちゃかわいいキャラクターとしてアメリカでは有名なキャスパーだし、当時の高いお金がかかるCG技術も、さらにガラリと変わって最新技術のCGで蘇らせてくれたらそれはそれで楽しいだろうな〜。

キャスパーの予告動画・関連動画
SHARE