映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

マイ・インターン
原題:The Intern

マイ・インターン

大ヒットしたコメディ映画。若者に人気なアン・ハサウェイとベテランすぎる一流役者ロバート・デ・ニーロの共演で話題に。
若者もそうだけど、ぜひシニアにもみてほしいね。

監督・脚本は「恋愛適齢期」「ホリデイ」のナンシー・マイヤーズ。

share

マイ・インターンの基本情報

監督
ナンシー・マイヤーズ
キャスト
ロバート・デ・ニーロ
アン・ハサウェイ
レネ・ルッソ
アンダーズ・ホーム
アンドリュー・ラネルズ
アダム・ディヴァイン
セリア・ウェストン
ナット・ウルフ
リンダ・ラヴィン
ザック・パールマン
ジェイソン・オーリー
クリスティーナ・シェラー
マイ・インターンのネタバレを含む場合があります

以下、「マイ・インターン」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
マイ・インターン」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

マイ・インターンのあらすじ・ストーリー

ニューヨークでファッション通販サイトを運営する女社長ジュールズ(アン・ハサウェイ)は、約1年半で成功した。

ある日シニア・インターン制度で高齢者を雇い入れなくてはいけなくなり、ベン(ロバート・デ・ニーロ)たち数人がインターンとして入社してきた。なかでも優秀なベンはジュールズの側に置かれることになった。

ジュールズ直属の部下になったベンだが、ジュールズから実は仕事がないと言われ毎日デスクで時間を持て余すばかりだった。

そんなある日、一時的にジュールズの運転手をすることになりジュールズと行動を共にするようになる。最初は近くにベンを置くことを警戒していたが、穏やかで包容力のあるベンに居心地の良さを感じていった。

ベンはジュールズのプライベートな部分を見ることも多くなってきた。ジュールズはバリバリ社長をしているが、家に帰ると専業主夫となった夫と小さな娘がいる母親で、仕事に追われながらの生活は夫婦間に溝を作ってしまっていた。

そんなとき、CEOを迎え入れる話が出てきた。ジュールズは自分の会社を他人が仕切ることに拒絶反応を示していたが、夫婦のすれ違いや家族の問題のためにCEOを迎え入れることを決心し、CEO候補との面談がはじまった。

しかしどのCEOも気に入らず、仕事も忙しい日々を送っていたあるとき、ベンはジュールズの夫の浮気現場を目撃してしまう。ジュールズには黙っていたが、あるCEO候補との面談前夜、ジュールズは夫が浮気しているなやみを


一方その頃、ジュールズには公私ともに大きな問題が立ちはだかっていた。双方において大きな決断を迫られた彼女は、誰にも自身の気持ちを打ち明けることができず苦しい日々を送っていたが、そんな彼女を救ったのは他でもないベンだった。ベンの温かな励ましを受けていくうちに、いつしかジュールズも彼に心を開くようになっていく。ベンの言葉から勇気をもらったジュールズは、目の前に立ちはだかる数々の難問に立ち向かっていく決意をする。

マイ・インターンの感想・評価・レビュー

若干シニアをなめたかんじはあるけど、超デキまくるロバート・デ・ニーロ演じるベンの優秀さを際立たせるためだろう。

電話帳の会社で40年働いたシニアが若者だらけの会社で、新しいスタイルや方針を受け入れ、順応していくのはとてつもなく大変だろう。だけど、いつの時代も仕事のできる人間てのは仕事も相手も環境もスタイルも選ばない。

シニアであってもそういう類いのひとはその能力が衰えることがないらしい。むしろ積年の功というか、経験値の差がよくわかる。

いざ雇ってみたシニア、特に能力の違いはハッキリと表れて、数人のなかで抜きん出てベンの能力が高かった。しかもベンはそれだけじゃなくて気がきくし品があるし、すべてにおいて完ぺき。

気になって仕方がないのは、70歳を過ぎたシニア、こんなに差がつくならベンのようなシニアになりたいじゃん。どうやったらあんなシニアになれるのか。考えたけど、あればかりは生きてみないとわかんないんだろうな〜。ついでにマッサージ師のフィオナもきっとベン側だろう。

世の中、あんなシニアばかりだったら凄まじい社会の発展が望めるに違いないね。

と、ベン絶賛は以上にして、この映画のおもしろかったところを語ろう。

女性経営者、自由なスタイル、風通しのいい社風、メールばかりで事が進む、専業主夫、夫婦、浮気、シニア雇用などが盛り込まれ、まさに現代の映画。まさにがんばる女性を応援したくなる映画てかんじ。

しかもポジティブな解決法だし、ポジティブに終わりを迎える。ハッピーでキラキラした生活を送りたくなる映画で、自分もなにかを残したいと思うような映画だ。

そこに加わる高齢者雇用のスパイスが最高におもしろい映画を生んでいる。ベタ褒めしまくっているけど、ここ最近みたポップなドラマのなかでは一番たのしく響いた映画だ。ついでに言うと、女性監督の映画のなかでトップクラスに楽しかった。

おなし女性としてジュールズみたいに、不器用でも夢中になれるものを見つけて、それを仕事にして、家族を持って、いっしょにがんばる、そんな人生をおくりたいと思わずにはいられない。ぜひベンのような部下を持つことも含めてね!

マイ・インターンの予告動画・関連動画
share

30 days Ranking

tag

Years
Director
Actors
Film Award
Country
Animation
Other
Motion Picture Code

popular tag

1971年 1977年 1979年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 DC F・ゲイリー・グレイ監督 PG12 R15+ R18+ X-MEN アカデミー賞ノミネート アカデミー賞受賞 アマンダ・セイフライド アメリカ アンジェリーナ・ジョリー イギリス イタリア イルミネーション オリジナルビデオ カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞 クェンティン・タランティーノ監督 クリストファー・ノーラン監督 クリント・イーストウッド監督 ケイト・ブランシェット ケヴィン・ベーコン コーエン兄弟監督 サンドラ・ブロック シャーリーズ・セロン ショーン・コネリー シリーズ シルヴェスター・スタローン ジャック・ブラック スタジオポノック スティーヴ・ブシェミ ディズニー ディズニー&ピクサー ディズニー(アニメ) デヴィッド・リーチ監督 トム・クルーズ ドラえもん フランシス・フォード・コッポラ監督 ベン・アフレック監督 マシュー・マコノヒー マシュー・ヴォーン監督 マーク・ウォールバーグ マーゴット・ロビー マーティン・スコセッシ監督 マーベル・シネマティック・ユニバース ライアン・ゴズリング ラジー賞ノミネート ラジー賞受賞 リブート リメイク レオナルド・ディカプリオ ロバート・デ・ニーロ 伝記 劇場未公開 実話 日本 日本アカデミー賞ノミネート 日本アカデミー賞受賞 韓国