映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜

ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜

映画シリーズ通算34作目。リニューアルしてからは9作目。「ドラえもん のび太の大魔境」のリメイク。

ゲスト声優に、なんと夏目三久ちゃんがいる。スピアナ姫の声をやっているけど、アナウンサーは女優じゃないもの、大変そうね。
主題歌はKis-My-Ft2が歌う「光のシグナル」。

ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜の映画情報

監督
八鍬新之介
キャスト
水田わさび
大原めぐみ
かかずゆみ
木村昴
関智一
小林ゆう
飯塚昭三
COWCOW
夏目三久
小栗旬
ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜のネタバレを含む場合があります

以下、「ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜のあらすじ・ストーリー

夏休み、冒険に出かけたいのび太はドラえもんの道具で地球上の未開の地を探していた。
ある日、空き地に迷い込んでいた犬を見つけ、ペコと名ずけ飼うことになる。未開の地を探す道具をペコが触ったことで、偶然に巨神像の映った場所を発見し、ジャイアンたちを連れて冒険に出かけた。
辿り着いた地図の場所は、驚くことに犬たちの王国だった。犬の王国は、悪い大臣に支配されていた...。

ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜の感想・評価・レビュー

今回のドラえもんもふてぶてしい、いじわるドラえもんではなく安心した。
ドラえもん のび太の大魔境」のリメイクで、オリジナルと違う部分はあるものの、かなりオリジナルに忠実だった。
そして、オリジナルを凌ぐとは言わないけど、同等レベルにたのしめた。

オリジナルももちろんそうだけど、ドラえもんをみているときの”ドラえもんの道具でこうしたらいいじゃん〜!”てゆー、みている側のもどかしさが少ないのがいい。そうその手を使ってくれよ!としずかちゃんに拍手することになるし。
それでこそ、不可能はほぼないドラえもんの道具を生かす展開。この映画がたのしいと言うよりは、ドラえもんの道具でどうにでもなる感がすきなだけかもしれないけど。

2014年公開、実はほんの最近だ。CGなシーンが多かったけど、いつだかのテクノロジーぽいのび太たちはほとんどなくて、このくらいがちょうどいい。技術の工場はすばらしいと思うけど、このくらいのあたたかみはあってほしいよね。

新しいドラえもん、みるの飽きてきたな〜、正直。
全部みてやろう!と意気込んでWOWOWのやつ録画したけど、何本かみた現在、子ども向けなのは当然ながら変わることはないし、大人がみてもたのしいドラえもんはやっぱり返ってこない気がするのは感づいてきた。そう、まったくワクワクできないんだな〜。

予告動画で流れる音楽が、ジュラシックパークにちょっと似てた。

ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜の予告動画・関連動画

役者について思うこと

該当なし

SHARE