映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

スペース カウボーイ
原題:Space Cowboys

スペース カウボーイ

たぶん昔、テレビで何度も放送されてるとおもう。今回、WOWOWでクリント・イーストウッド特集的なのをやっていたので久しぶりにみたけど、内容割と覚えてたな。

スペース カウボーイの映画情報

  • 2000年制作
  • 130分
  • アメリカ制作のSF映画
  • 映倫()
監督
クリント・イーストウッド
キャスト
クリント・イーストウッド
トミー・リー・ジョーンズ
ドナルド・サザーランド
ジェームズ・ガーナー
ジェームズ・クロムウェル
ウィリアム・ディヴェイン
マーシャ・ゲイ・ハーデン
ローレン・ディーン
コートニー・B・ヴァンス
バーバラ・バブコック
ブレア・ブラウン
スペース カウボーイのネタバレを含む場合があります

以下、「スペース カウボーイ」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
スペース カウボーイ」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

スペース カウボーイのあらすじ・ストーリー

1958年、アメリカ空軍のX-15テストパイロットチームダイダロスは宇宙へいく予定だったが、新設されたNASAの計画によって中止された。
それから40年、衛星軌道から外れてしまった通信衛星アイコンを修理するミッションが計画された。古いシステムを修理できるのは、当時設計に関わったフランク(クリント・イーストウッド)しかいないと抜擢される。
フランクは、かつてのパイロットチームダイダロスとして宇宙に飛び立つなら修理を引き受けると言い、NASAのガーソンはいくつかの条件はもとこれを承諾し、チームダイダロスは宇宙へ飛び立つための試験がはじまったが…。

スペース カウボーイの感想・評価・レビュー

頑固で変わり者ジジイたちが40年前の夢を叶え、宇宙へいく。
頑固で変わり者の若者、もしくはジジイにはなっていない人たちが宇宙へ行く話はよくある。それこそアルマゲドンなんてまさに。
だけど今回はフランク率いるジジイたち。

宇宙へ行くまでの訓練シーンなんて超おもしろい。ほんとはバテバテでぜんぜんついていけないのに、体力測定や身体測定をパスするためにがむしゃらになったり、時には誤魔化したり。
実際にそんなこと通用するわけがないんだろけど、愛嬌たっぷりコミカルに描かれていて、いくつになったって元気は元気!みたいなノリは、みている側もテンション高くなりそうなやつ。

若いころのパイロット時代の対比がイイはずなんだけど、若かりしころの4人がイマイチ分からず…。だから、ヤングなジジイたちが宇宙へいってミッションを遂行してきた話オンリーでたのしんだよ。
あと、宇宙へ行ってからのトラブルがちょっと分かりにくい。ただの通信衛星を修理しようとおもって宇宙へ行ったけども、実はそれ核爆弾積まれてた〜は分かるんだけど、トラブル云々はぜんぜん分からず。こうなるとダメ、こうなると大丈夫、を説明してくれたら、もっと一体になれた気がする。

とはいえ、重くもなく薄くもなくで、ちょうどよく楽しめるからとてもすき。

スペース カウボーイの予告動画・関連動画

役者について思うこと

ドナルド・サザーランド

スペース カウボーイ
https://www.imdb.com/title/tt0186566/

あのキーファー・サザーランドのお父さん。
キーファーと違って、若いころは超イケメンだった。最近はぜんぜんみていないけど、今も現役で映画バンバン出ている模様。おじいちゃんでもイケメンだしな〜。1935年生まれだって、今年ははははははちじゅう、83歳だって。おったまげー!

SHARE