映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

ケーブルガイ
原題:The Cable Guy

ケーブルガイ

WOWOWでみたよ。

ケーブルガイの映画情報

  • 1996年制作
  • 95分
  • アメリカ制作のサスペンス映画
  • 映倫(-)
監督
ベン・スティラー
キャスト
ジム・キャリー
マシュー・ブロデリック
レスリー・マン
ジャック・ブラック
ジョージ・シーガル
ダイアン・ベイカー
ベン・スティラー
エリック・ロバーツ
エイミー・スティラー
ケーブルガイのネタバレを含む場合があります

以下、「ケーブルガイ」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
ケーブルガイ」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

ケーブルガイのあらすじ・ストーリー

恋人と別れ、新しい部屋に引っ越してきたスティーヴン(マシュー・ブロデリック)。
ケーブルテレビの配線工事"ケーブルガイ"を呼び、やっと訪れたケーブルガイ(ジム・キャリー)はかなり変わった人間だった。ケーブルガイの勢いに圧倒されるスティーヴンだったが、馴れ馴れしく押されそのまま親しくなる。
しかし、ケーブルガイの友情が異常なものになってくる...。

ケーブルガイの感想・評価・レビュー

ジム・キャリーの映画って、みているようでぜんぜんみていないことに気づいた。
特にみていたのは高校生〜大学生くらいのときだし、あのころみていたのもコメディー色が強いものだけだったから、ジム・キャリーがこんな表情も演じているなんてまったく知らなかった。
ジム・キャリーすきだよ〜なんて調子のいいことを言ってたことを反省してる。。

この映画はとてつもなく恐ろしい。
お化けだの化け物だのオカルトだのの映画は基本的にみないけど、この手の人物はそれら以上に怖いとおもってる。

だれからも好かれているような奴、実は超ド級に極悪人てのがいちばん恐ろしい。
こんなに恐ろしい人間なのに、親しい人物がケーブルガイの恐ろしさをまったく知らない。むしろいいひとになっていて、逆にじぶんが頭おかしいんじゃないかとおもわれる。
最愛の恋人すら、じぶんを信じてくれなくなって、悪の根源に騙され、ケーブルガイを信頼しだしてる。
だれひとり味方がいなくなってしまう状況こそ恐怖だし、絶望的だ。

胸くそわるいって表現がピッタリなくらい、その恐怖と苛立ちが半端じゃなかったな。
そう、こうゆー映画はすきくない。
味方を失うことがどれだけさみしくて、かなしくて、つらいことか簡単に想像できるからかな。

今さらながらジム・キャリーのポテンシャルに脱帽しつつ、胸くそわるいケーブルガイの頭のいい策略に恐怖を覚えたのと、人のいいスティーブンたちに許すことは大切なことだと教えてもらったよ。

役者について思うこと

ジム・キャリー

ケーブルガイ
https://www.imdb.com/title/tt0115798/

孤独な生い立ちやさみしさから、友だちに執着するケーブルガイを演じたジム・キャリー。
こんな恐ろしい表情ができるとは、ジム・キャリーの映画なんてほんの一部しかみていなかったことを知らされた!

このころはおそらく33歳くらい。おっと、いまのあたしの年齢か。
いまはすこし心配なかんじになってるぽいけど、好調に役者人生を駆け上がってる真っ只中てころかな。

まだまだ知らない、ジム・キャリーをみないとあかんな。

SHARE