映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

スティーブン・キング ファミリー・シークレット
原題:A Good Marriage

スティーブン・キング ファミリー・シークレット

原作、脚本は邦題の通りスティーヴン・キング。
わざわざタイトルに"スティーヴン・キング"を入れないといけなかったのは、映画をみれば明らか。
腹立たしいくらいおもしろくない!ワッ!

スティーブン・キング ファミリー・シークレットの映画情報

  • 2014年制作
  • 102分
  • アメリカ制作のサスペンス映画
  • 映倫(-)
監督
ピーター・アスキン
キャスト
ジョーン・アレン
アンソニー・ラパリア
カーラ・ブオノ
クリステン・コノリー
マイク・オマリー
スティーヴン・ラング
スティーブン・キング ファミリー・シークレットのネタバレを含む場合があります

以下、「スティーブン・キング ファミリー・シークレット」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
スティーブン・キング ファミリー・シークレット」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

スティーブン・キング ファミリー・シークレットのあらすじ・ストーリー

妻ダーシー(ジョーン・アレン)と夫ボブ(アンソニー・ラパリア)は夫婦仲もよく、結婚してから25年目。子どもたちも大人になり、幸せを感じていた矢先のこと。
ある夜、ダーシーは自宅のガレージで最近ニュースでみる猟奇殺人事件の女性被害者の持ち物を見つける。
犯人はボブかと疑い、行動を監視するようになるが...。

スティーブン・キング ファミリー・シークレットの感想・評価・レビュー

前半から変わらないひとつのことを最後になってひっくり返されて、すごい結末が待ってるんだ!なんて思ってみていたひとが多いはず。
さっさと言ってしまうけど、その期待はことごとく裏切られる。
序盤に関してはすごい結果になるであろう期待が込められていたのと、現実だか夢かなんだかよくわからない描写が妙に気味がわるくて、それがミステリーとしてハラハラしたものの…。
後半に進むにつれ、いや待てよ、これマジでひねってないのかもしれない、とおもいだした辺りには邦題に”スティーヴン・キング”の名前を入れた意図を理解したじぶんがいたよね。

劇場未公開なのも納得で、邦題のチープさも手伝ってか、見終えたあとはなにも残ることもなく、あいまいで視聴者になにを思わせたいのか意味不明ですこし腹立ったくらい。
どの家庭にもひとに言えない秘密があって、実はすごく悪いことしてたりして…。そりゃそうよ、なんでも分からないじゃないね。

スティーブン・キング ファミリー・シークレットの予告動画・関連動画
スティーブン・キング ファミリー・シークレット
https://www.imdb.com/title/tt2180994/

役者について思うこと

ジョアン・アレン

スティーブン・キング ファミリー・シークレット
https://www.imdb.com/title/tt2180994/

この映画ではずっとシリアスなシーンだからよく分からないけど、普段はとてもきれいなおばあちゃん。
特に昔の写真は雰囲気があってすごくかっこいい。
最近では、ルームでおばあちゃん役だったね。すごくやさしそうなひと。

SHARE