映画の感想・評価・レビュー・ネタバレ「ポップコーン」のロゴ

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女
原題:The Mummy

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

トム・クルーズが新たなシリーズを始動した模様。だけど、残念ながら次回劇場へみにいくことはないかも。1300円レイトショー、レディースデー、1日みたいに安いときだったらみてもいいかもよ。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女の映画情報

監督
アレックス・カーツマン
キャスト
トム・クルーズ
アナベル・ウォーリス
ソフィア・ブテラ
ジェイク・ジョンソン
コートニー・B・ヴァンス
マーワン・ケンザリ
ラッセル・クロウ
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女のネタバレを含む場合があります

以下、「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」の感想・評価・レビューの内容は、ネタバレを含む場合があります。
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」をまだご覧になられていない方は、十分にご注意ください。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女のあらすじ・ストーリー

舞台は中東。米軍軍曹のニック(トム・クルーズ)と考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)は謎の地下空洞に隠された巨大な棺を発見する。棺を調査するためにイギリスへ輸送することになったが、輸送中に飛行機が事故でロンドン郊外に墜落してしまう。墜落時にジェニーをかばったニックは即死した。
が、ニックが目を覚ますと遺体安置所。困惑しているニックに謎の女の声が聞こえてくる。女の声に導かれるように例の棺へたどり着く。
その棺は5000年前にファラオに裏切られた古代エジプト王女アマネット(ソフィア・ブテラ)が眠っており、時を超えて復讐のために凶暴なモンスターになっていた。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女の感想・評価・レビュー

初っ端から、あこれたぶん失敗した系だなと悟って、めずらしく勘が当たった。はじまって早々にこうおもう映画はたくさんあるけど、そのにおいはいつも似ている。

いろんなところで矛盾をかんじ、強引でもあり、強制的にストーリーや役者たちの激変する感情につていかないと、要所要所でハ?と首を傾けることになる。
いちいち言ってはいられないけど、それでもいちいちハ?しなきゃいけないくらい、スムーズに入ってこなかった。

シリーズとしてこれからやってきます!初回が勝負です!とゆー割に、しっかり作ろうとしたけど長すぎるんで端折った的なのかな。みている側はポカーン度が多くなるにちがいない。

21時すぎの劇場、お盆だけども約1割しか埋まっていないさみしさ。当然、「スパイダーマン ホームカミング」(2017)のほうかはるかに人気で、期待値も比にならない。わざわざミイラを劇場にまでみにいったのはだいぶ後悔っとゆー報告ですな。

トム・クルーズもラッセル・クロウは、シリーズいまスタートして大丈夫なのかなって心配もあるけど、きっと頑張るんだろう。てかほんとに続編でるの?もうすこしヒットしてくれないと、打ち切りの可能性高いんじゃない?

セテパイ〜
よくわかんない言葉ゆーてないで、もっと生気のあるたのしい映画を作ってくれや。ミイラ映画に生気を求めるひどいクレームw
もし続編が無事にでたら、WOWOWでみよう。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女の予告動画・関連動画
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女
http://www.imdb.com/title/tt2345759/

役者について思うこと

ソフィア・ブテラ

役も役だけど、ミステリアスな雰囲気がいいね。 モンスター役は正直お芝居としての評価を得るにはむつかしそうだけど、彼女は元来ダンサーですって。知的な役をもらえたら、ぜひがんばってほしいね:)
SHARE